供養について|東京都北区にあるペット霊園「東京動物霊園」

供養

「楽しい日々をありがとう」
感謝の想いを伝えたい

愛するペットと過ごした日々はかけがえのないもの。
楽しかったを想い出を胸に抱き前へと歩んでいくために、たくさんの感謝を伝えてあげましょう。

ご供養の中には、ご自宅でお供え物をしたり、お参りをしたり、日々行えるものもあります。
東京動物霊園では、忌日や年忌、納骨に際して法要を承っております。また、毎年5月に慰霊祭を執り行っております。亡きペットのご供養の機会に、たくさんの想い出を語り合い感謝を伝えてください。

法要と供養

当霊園では、初七日、三十五日、四十九日、百ヶ日、一周忌、三回忌、七回忌といった忌日や納骨に際して法要を営むことができます。

法要は、納骨堂内にあるご本尊の前で行います。予約制となっておりますので事前にお申し込みください。

慰霊祭

毎年5月に『動物慰霊祭』を執り行っております。

赤羽山・法善寺住職による大法要、ペットや動物関係の業務に従事されている専門家をお招きした講演会など、亡きペットたちへの感謝と在りし日を偲ぶ特別な一日となっております。

慰霊祭当日は、模擬店なども用意しており、厳かな雰囲気ながら和やかにお過ごしいただくことができます。
ご参加人数に制限がないため、ご家族で気軽にご参加いただけます。

式次第

  • 開式の辞
  • 記念講演
  • 大法要(焼香)
  • 閉式の辞
  • 各自参詣
記念講演

ペット・動物関連業務に従事し活躍されている専門家の方々に、動物にまつわる講演をいただきます。

【平成29年度講演者】
常盤眞由美さん(アニマルセラピスト)

内閣府認証NPO法人日本アニマルセラピー協会の教育部部長としてアニマルセラピストを育成。大学の講師なども務め幅広く活躍中。

【平成30年度講演者】
村中志朗さん(獣医学博士)

公益社団法人東京都獣医師会会長。学会の理事や多くの獣医学系雑誌の監修・執筆を手掛けるなど幅広く活躍中。

大法要

赤羽山・法善寺本堂前に、祭壇およびモニュメントを祀り読経いたします。
参列者の方々には、読経の途中に焼香をしていただきます。

供養札の掲載供養

慰霊祭では、供養札の掲載供養を行っております。

慰霊祭当日より掲載を開始し、二週間供養いたします。

掲載後は、読経の上お焚き上げいたします。

当日ご出席される方はもちろん、ご欠席の方でも承ることができます。

お参りについて

亡きペットを想いお参りいただくこともご供養のひとつとなります。

東京動物霊園の営業時間内は、いつでも自由にお参りをしていただけます。

万一お参りに来られないときでも、当霊園が大切にお守りしておりますのでどうかご安心ください。

お参りの注意事項
  • 営業時間内は自由にお参りをしていただけます。
  • お線香と花瓶を用意しておりますのでご自由にお使いいただけます。
  • 生花やお供物をお持ちいただくこともできます。
  • お参りについての特別な決まりはありませんが、節度をもってお願いいたします。

お位牌について

ご希望される方にお位牌をお作りいたします。

本格的な塗位牌をはじめ、個性を表すお写真入りの位牌、ご自宅向けの大きいサイズなど多数用意しております。ご来園時にお選びいただけます。

  • クリスタル位牌各種

  • プティ位牌

  • サークルクリスタル位牌

  • ご自宅向けクリスタル位牌

※写真はイメージです。

メモリアルグッズについて

  • 沢山のおさんぽ
    1,320円(税込)

  • 和紙のミニポット
    3,850円(税込)

  • きらきらフォトスタンド
    1,540円(税込)

  • 遺骨カプセル
    1,100円(税込)

  • オーロラポット
    1,980円(税込)

  • 思い出カプセル(ネックレス)
    1,100円(税込)

  • もここ
    5,280円(税込)~

  • 花ころも
    1,980円(税込)~
    (標準骨袋から変更の場合は、1,100円)

  • 菊華紋(標準骨袋)